あなたのための

ダイヤモンドガイド

Sarine Profile > Guide to Diamond (ja) > Diamond Buying Experience

ダイヤモンドガイド

ダイヤモンド選びを円滑に、ストレスフリーで

ダイヤモンドを選ぶ際には、非常に多くの要因があります。予算もダイヤモンド選びの主な要因です。しかし、ダイヤモンド婚約指輪にどの程度の予算をお考えでしょうか。どれくらいの価格なら妥当でしょうか。これらのほかにも多くの疑問にお答えし、またダイヤモンド選びを簡単で、楽しい体験にします。

ダイヤモンドを選ぶ体験

ダイヤモンドの婚約指輪としてはどれくらいの価格なら妥当でしょうか。

ご婚約から、ダイヤモンド婚約指輪の購入を決めるまで、ほとんどの人はダイヤモンドのことを全く知りません。ですが選ぶ際には、「4C」をはじめとして、ダイヤモンドについてのあらゆる情報、ダイヤモンドの価格、またどれくらいの価格が妥当かが、非常に重要になります。このポイントでは、購入者は最も美しいダイヤモンドを手に入れられるよう、ダイヤモンドに関して、あらゆる事項を知るべくオンライン検索を始めます。しかしながら、選ぶ人にとって常にわかりにくくなっているものの一つが、婚約指輪の価格です。相場より高すぎるのはいくらからでしょうか?相場より安すぎるのはいくらからでしょうか?婚約指輪としてはどれくらいの価格なら妥当でしょうか。

婚約指輪の選び方:基本ルール

一般的に婚約指輪にどれくらい費用をかけるものかについては、多くの記事および見解が書かれています。有名な「給料の3か月分」というものは、DeBeers によって作り広められました。2016年には、その金額はなんと10,950ドルまでになってしまっています。別のルールによれば、購入者予算に合わせて給料の1か月となっています。しかしそれでも、まだ、2016年の時点では3,650ドルの価格となり、多くの人にとっては決してお買い得でもなく、現実的でもありません。さらに「間をとる」とすれば、額に汗して働いた給料の2か月分で、合計は7,300ドルにまでなってしまいます。

婚約指輪のダイヤモンドの価格については、他にも無意味な多数のルールが言われており、「自動車」ルール、「年齢」ルール、「熱意」ルール、ほか販売業者、小売業者および消費者のうち誰も同意しない論争の中で闇雲に求められたルールが、数多く存在しています。

ダイヤモンドの適正価格は?単純な真理

現代の21世紀生まれにとっては、単に伝統的な「婚約指輪の価格」のルールに従うような余裕がありません。多くでは、給料1ヶ月分か、あるいはそれより低い価格であることが必要かもしれません。その上、廉価な合成ダイヤモンドの登場によって、天然石の婚約指輪に出したいと考える金額にも影響がおよびました。

最終決定

婚約指輪にどれくらい投資するか考えるのを助ける、多くの専門ウェブサイトがあります。ダイヤモンドリングカリキュレーターサイトは、支出予算の決定に役立てるため、贈るお相手との関係と予算について質問します。ダイヤモンドをより深く理解し、予算内で最良のダイヤモンドを選べる支援ツールもあります。

アメリカンエキスプレス社が行った支出および貯蓄についての、2,000人以上の購入者を対象とした追跡調査で、ダイヤモンドの婚約指輪の平均購入価格は2,093ドルであったことが明らかになりました。これに対し、アメリカの宝石商による2013年の調査報告では、2012年には指輪の購入価格は平均4000ドルであったことが示されました。興味深いことに、一般的な購入者は、婚約指輪で、実際に妥当であると思っていた金額より多いリングを購入しています。

そうすると、婚約指輪の最適価格はいくらでしょうか。平均的な購入者が期待する金額はどれくらいでしょうか。明らかに、なにもルールはありません。多くの人が、婚約指輪に費やす金額はあくまでも個人の決定であることに合意します。これは数多くの要因に基づいた決定です。お相手との関係、財務状況、そして家族の慣習も一定の役割を果たします。では、1か月分の給料額というルールは?いまも多くの購入者は、これを妥当であると考えています。